スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるぐる考察・箇条書き・メモ

絵を描くのに重要な主なものは目・手・頭。
目で見て正しくカタチを理解する。物を多く見ることで自分の世界、好きなものを広げる。審美眼。
手は物の感触、実際に描くことで身につく感覚。実感としての感覚。
頭は考える。考えて絵を描く。絵というものを考える。取捨選択をする。

でも五感、そしてそこから来る第六感こそが重要。
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚これを五感というが、
全ては感動し記憶として残すための装置。
記憶されたものは経験となり、それは成長を意味しやがて第六感へと至る。
第六感は頭。総合し、総括し、統合し、形成する。

第六感を鍛えたければ五感を磨けということ。
五感を磨くには経験を積むということ。

何かすげぇ偉そうな事書いてる。
バカか?
でも、俺はバカになりたい。
初志貫徹、頑固一徹、タダ一つだけを見、ただ一つだけに進む。
そんなバカに俺はなりたい。
なれないからこそ言うのかもしれないが。

言葉ってのは結構軽いもんで。
口から出せば雑踏にかき消され、雲散霧消する。
本当に大事なことは言うべきではないのかもしれない。
俺は何か忘れるんでメモらんといかんのだけど。

考えるということは好きだ。
だがそれは高尚なことをしているという自己満足でしかないのかもしれない。

全てに疑問を持ち、否定し、否定し、否定しつくす。
そして最後に残った一粒を真実とする。
その学問を哲学という。
らしいよ。
でもこれって悩むってことっすよね。
てことは哲学なんて大そうな名前付いてるけど
みんな日常的にやってることなんだと思うよ。

絵ってのはもっと単純で感覚的なものであればいいと思う。
ていうかあって欲しいと思ってる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akasia

Author:Akasia
Akasiaです。Akasiaやってます。
主にイラストはpixivにUPしています。
最近HP開設しました。
そちらもよろしくです。

Twitter
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。